歴史

伏見青年の家柔道部は昭和40年(1965年)6月23日に伏見青年の家(現伏見青少年活動センター)が開館した当初、同年6月26日に各種事業のトップバッターとしてスタートしました。当初は中井秀雄先生(六段)のもと、連日連夜練習に励んでいました。同年8月の時点では部員数は120名を超える盛況ぶりでした。

−開講式風景−

−中井秀雄先生(六段)−

−開館一周年記念柔道大会より−

お問い合わせ

powered by crayon(クレヨン)